まごのて整骨院

まごのて整骨院の紹介

院名 まごのて整骨院
院長 遠藤 広
所在地 〒983-0824 宮城県仙台市宮城野区鶴ケ谷3-20-22
電話番号

022-794-9429

定休日 木・日・祝日
※GW、お盆、年末年始休暇があります。
アクセス
  • 鶴ヶ谷中央ショッピングセンター(アバインや生協 等)のサンドラックの前です
  • 鶴ヶ谷オープン病院から徒歩8分
駐車場 5台分
診療内容
  • 保険診療…打撲、捻挫、挫傷(肉ばなれ)
  • 交通事故治療…交通事故による障害・ムチ打ち症など 自賠責保険診療
  • 自由診療…全身ほぐし、部分ほぐし、足つぼ、骨盤矯正、など

まごのて整骨院 営業時間

 
9:30~12:00 × × ×
15:00~20:00 × × ×

※予約優先 患者さまをできる限りお待たせしないよう事前予約をお奨めしています。

まごのて整骨院 料金のご案内

保険診療(健康保険)
初診 3割負担の方 2.200円(税込)
2割負担の方 2.000円(税込)
1割負担の方 1.800円(税込)
再診 3割負担の方 1.200円(税込)
2割負担の方 1.000円(税込)
1割負担の方 800円(税込)
保険外治療
全身ほぐし
(リフレッシュ整体)
マッサージ30分+ウォーターベッド 3.240円(税込)
マッサージ45分+ウォーターベッド 4.860円(税込)
マッサージ60分+ウォーターベッド 6.480円(税込)
足つぼ 30分(足湯の時間約5分を含む) 3.780円(税込)
45分(足湯の時間約5分を含む) 5.400円(税込)
60分(足湯の時間約5分を含む) 7.020円(税込)
骨盤矯正 20分 3.240円(税込)

※足つぼは、水虫・怪我がある方は、施術できません。
※施術の途中でも延長は承ります。
※保険診療にも組み合わせできます。

まごのて整骨院 コンセプト

EBM(エビデンス ベースド メディシン)根拠に基ずく医療の考え方

今、施術業界は乱立し、それぞれが独自の治療法を提唱し規制のない宣伝や大げさな効果効能を謳って、個人的感想でしかない「お客様の声」や「ネットの口コミ」、「雑誌やチラシの広告」でエビデンスの低い情報が拡散され、患者さんは自分の症状や治療法に混乱しています。

しかし実際、腰痛に関しては8割以上が原因不明の状態なので仕方がありませんが、大げさな自己妄信な施術法は控えなければ患者さんの不利益になると考えております。

まごのて整骨院 特徴

 1つの症状は1つの原因ではなく1症多因がほとんどです。絡み合う要因を解くことが重要と考えます。

 ⇒ メールでのお問い合わせ

 ⇒ お電話:022-794-9429

 交通事故による障害、むち打ち症などの治療に対応。自賠責保険診療が可能です。

 慢性痛(3カ月以上続く痛み)に認知行動療法などを用い力を入れて取り組んでおります。

交通事故のケガ・むち打ち症治療に特化

交通事故によるむち打ち症の治療も自賠責保険を使って患者さまの窓口負担金は0円で治療が可能です。

むち打ち症には、急な不意を突かれた障害に対する脳の防衛反応が大きく関与してくると思われます。当院は精神的な障害も考慮した治療を心掛けております。

 ※ 保険を使用した治療は「まごのて整骨院」のみです。「ほぐし屋まごの手」では保険はききませんのでご注意下さい。

院長紹介 プロフィール

院長 遠藤 広(えんどう ひろし)

出身 宮城県仙台市生まれ。
経歴
  • 東京の専門学校で整体の道を学ぶ。
  • 東京の整骨院・整体サロンに約10年間勤務。
  • 2010年3月  仙台市青葉区錦町で「まごのて整骨院」を開院。
  • 2013年9月  仙台市でマッサージ専門店「ほぐし屋まごの手」を開店。
  • 2016年11月 仙台市宮城野区鶴ケ谷に「まごのて整骨院」を移転。
資格
  • 柔道整復師(国家資格)
趣味 週1回、コミュニティセンターで子どもたちに空手を教えています。
最近、ゴルフを始めました。

院長よりごあいさつ

2010年に開院した「まごのて整骨院」の名前は、東京で勤務していた整骨院・整体サロンの会社の尊敬する会長から「開院するときは『まごのて』がいいのでは」と助言が頭にあったからでした。
2013年には2店舗目として念願のマッサージ店「ほぐし屋まごの手」をオープンしましたが、今も開院時の気持ちを忘れずに忙しさで自分の身体のケアに手の回らない皆様の、かゆいところに手が届く「まごのて」になれたら、という気持ちで細やかな施術を行っております。

東京での修業時代は、関東圏で30店舗以上の整骨院・整体サロンを経営する大手整骨院・整体サロンで治療家・施術者・管理者として、数千人もの患者さまと触れあいました。大物政治家、一流スポーツ選手、文化人を担当させていただいたのも、いい経験です。国家資格を取得してすぐに社長から院長として整骨院をまかされた時は、不安はありましたが信頼に応えたいという責任を感じ、無我夢中で施術に取り組みました。師匠や先輩に教わることができない分、患者さまの声を師匠として、一つひとつ丁寧に考えて工夫し実践した経験こそが自分を成長させてくれましたし、今ではそれが強みだと感じています。

そして、今でも患者さまの身体と声から学ぶことを大切にしています。「魔法のように簡単に完治する、おまかせコースやラクラクセット」はありません。求められることやその場限りの喜びを追求するのではなく、「患者さまにとって本当にいい、長い目で見てためになること」を考え、嘘をつかない誠実な施術を行うことをモットーにしています。

知識と技術と本気で、患者さまの笑顔と健康をサポートできるよう精いっぱい努力・研鑽を重ねてまいります。これからも整骨院「まごのて整骨院」とリラクゼーションサロン「ほぐし屋まごのて」を、どうぞよろしくお願いいたします。

「まごのて整骨院」「ほぐし屋まごの手」 院長 遠藤 広